読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AlohaLilo’s blog

働きながらガン治療中のトライアスリート&ライフセーバー見習い

【2時間半診察台の上】

思い出し日記 乳がん ガンファイター 日常生活

緊急呼びつけで病院へ

すぐに診察室へ案内される

4~5人の女医さん

「ミクロのガンを見つけるエキスパートのチームです」と紹介される

 

そこから超音波で疑わしき細胞探しスタート

乳房は脂肪だらけで、その中に「点」で存在する細胞は見つけづらい、特定しづらい、すぐ見失う様子

 

「これ?」

「これは違う」

「これじゃない?」

「これもちょっとチェック」

「どっか消えた」

永遠と続く

先生たちは必至というかガン探しに夢中

その場にいながら蚊帳の外

まな板の上の鯉

 

「目が慣れてて来た」

「これだ」

「あ”~これね」

「これこれ」

今回発見された右乳房上部から遥か離れた下部

 

2か所...

全摘...

つぶったままの目から涙

ガン告知から初めての涙

 

しかしそれでは終わらない

 

「この写真にある左(乳房)のこれも同じ感じじゃない?」

「診た方が良いね」

「ここいらへんかな」

「これだ」

「写真とっておいて」

 

両胸...

前向きな思考なんて全くはたらかない

涙とまらない

先生たちは入れ代わり立ち代わり必死に診察

 

そして、更に疑わしき細胞検体を採取するのが困難を極める

そしてついに採取できたらしい

先生たちには任務遂行の達成感みたいな安堵の空気

 

私は闇に一人

 

「ごめんなさいね」

「辛かったわよね」

2時間半経っていた

痛みに強い私でも痛かった

身体も心も

 

傷口の処置をしてもらい退室

病院はすでに消灯モード

 

・生検結果は来週

・もしガンだった場合は右は全摘

・右の結果によるけれど左は温存でいけると思う

・慶応は摘出と再建を同時にやるのがおすすめ

・形成との連携になる

・形成と打合せが必要だから手術予定を後ろ倒す必要がある

・検査結果で白であれば予定通り

・でも最悪の状態も想定しておいてほしい

 

最低最悪絶望の夜

人知れずサクッとやっつけてしまえ...なんてナメてかかったからこんな目に合うんだ

週末母に告白するのをやめた

病院を出て乳がん先輩、大学同期のA田に連絡

A田にも会わずにここまで来たが、独りでは消化できなくなった

 

会計 23,860円